霊視とは?

占いアイラ メインイメージ

無料占いアイラ > 占い用語 > 霊視

霊視(れいし)とは?

霊視とは、霊的な力を持つ占い師や鑑定師が、相談者の目には見えない部分を視ていき、悩み事や困りごとの原因を探ったり、ヒントを得たりする占術のことです。

霊視をすると、頭の中に相談者に必要な映像が映し出されます。
視える映像は、過去の記憶や未来に起こる出来事。
他人の本心や状態などが霊視により映像化されます。

人は生きている限り、あの世と呼ばれるところに存在する守護霊や御先祖から見守られています。
解決できない深い悩みを改善するヒントとして、ときにメッセージを発していますが、本人には届いていない事が多く(キャッチできていない)霊視をしてもらう事でメッセージが映像化され、占い師を通じて必要なメッセージを受け取ることができます。

霊視により視えたのが、既に亡くなっている場合は、霊が視えたという表現になりますが、現在生きている人の心を視ることもあるので、霊ばかりが視えるわけではありません。

人は立ち止まったり、行き詰まった時がターニングポイントである場合が多く、身動きが取れない程頭を抱える悩みが降りかかっている時は、自身の魂が叫んでいます。
霊視により、魂の発する言葉を受け取ると、上手くいかない理由や原因の意味が視えてくるのです。

どの人にも存在する魂は、何度も生まれ変わっています。
これは、生まれ変わることで、学びきれなかった事を次の世で学び、成長していく為です。
つまりは、生まれた時点で何かしらの課題が与えられている事になります。

初めから知っていれば、酷く思い悩む事も無いのですが、悩むからこそ気付ける学びも存在するので、自分の人生のテーマや課題を知りたい場合は、霊視により魂を視てもらう必要があるのです。

霊視により、前世を視ることも可能です。
前世の記憶は、人間の深層意識に潜んでいると言われています。
嫌な体験やトラウマなども深層意識を霊視すれば、原因が明確になり、対処法が見出せるのです。

霊視で相談者の魂を視ると、現在の状態がどうなのか?今すべき事があるのか?が映像化されるので、結果的に悩みから解放される場合が多いです。
霊感が強い占い師になると、自然界の神や宇宙とコンタクトをとる事ができ、様々な角度からの霊視が可能になります。

しかし、全てを知りたいからと闇雲に霊視をお願いしても、本人に必要なメッセージが無い場合や、本人がまだ受け入れる事ができない映像である場合は、映像がハッキリ視えない場合もあります。

霊視は目に見えるものだけが全てではないと、教えてくれる存在でもあるのです。


おススメ恋愛占い

無料占い

相性占い
出会い占い
片思い占い
復縁占い
不倫占い
結婚占い

占い用語に戻る
占い用語・種類・意味解説



 

 

皆様のコメントをお待ちしています♪

コメントを送る!


復縁する